社員研修は種類に分けよう!大きく二つに分ける意味

社員研修は二種類に分けるのが合理的

社員研修を実施するときには二つに分けると合理的な形で進められるようになります。研修の目的として、内容を社員に覚えてもらわなければならないものと、コミュニケーションの促進や連携方法の学習などを目指すものが典型的です。例えば法規制が変わったために社員に周知する必要がある、新入社員研修で社訓やビジネスマナーを覚えさせるといった場合には前者になります。一方、チームビルディングをする、他部署とのコミュニケーションの機会を設けて連携を図るといった場合には後者が該当します。この二つは社員に対してどのような姿勢を持たせるべきかが異なり、効果測定をするときにも考え方が異なるため、分けて適切な方法を選ぶことが重要です。

それぞれのやり方の基本形

内容を覚えてもらうための研修ではきちんと覚えたかどうかを効果測定で確認するのが重要です。また、全員を一か所に集めて研修を行う必要がないのも特徴で、eラーニングを使用するのが効果的な社員研修の典型例となっています。社訓を伝えるような場合にも社長の講演をビデオ配信するといったやり方をすることができるでしょう。一方、コミュニケーション重視の研修では基本的には一か所に社員が集まらなければできません。1日以上の研修になることを考慮して綿密な調整をすることが求められます。効果測定をするときには社員の満足度を一つの指標にすることで、円滑なコミュニケーションを取れる機会になったかを判断することが可能です。

社員研修は、入社をしたばかりの新入社員に会社の方針や社会人としてのマナーを教え込んだり、中堅社員や管理職がスキルアップを図ったりするうえで重要なイベントと言えます。